筋トレで1番難しいのは継続すること。1年後の継続率は?

筋トレはトレーニングすることが難しいのではなく継続することが1番難しい。継続できなければトレーニングの内容、頻度なんて全く意味をなさなくなってしまう。

衝撃のトレーニング継続率

老若男女問わず、トレーニングをしている人は多い。
ただ、その中で1年以上継続している人は何人いるのか。

1年後の継続率は4%

トレーニングを始めて1年後も継続している割合はなんと4%以下。

これは日本のフィットネス業界全体の数値だ。
100人いたら1年後には96人がトレーニングを辞めてしまっているということになる。

ちなみに3か月だと約40%、6ヵ月だと15%となる。
半年継続できただけでも優秀な部類に入る。

筋トレに絞るともっと低い

4%といってもこの中には、『エアロビクスだけしに来ている人』『ヨガの教室だけ来る人』『軽い運動をしに来る高齢の方』『プールだけ入りに来てる人』などフィットネスジムで運動をしている人、全てが含まれている。

これらを差し引いて、筋トレだけに絞ると1年後の継続率は0.3%~1%までに下がる。

もはや低すぎて、どんだけ困難なのかと思ってしまうレベル。

 

なぜ継続できないのか

ではなぜこんなにも継続できる人が少ないのか。
理由はいくつか考えられる。

ジムに行くのがしんどい

たぶん1番多いのがこれ。
気合入れてジムに入会してやる気満々で始めたものの1か月ぐらいで全然行かなくなるパターン。

仕事が忙しかったり、休日は行く気にならなかったりと色々理由をつけてしまいがちですが、結局はその程度のやる気だったということ。

わざわざジムに行くということが面倒な人はジムでのトレーニングは絶対に向きません。
私は完全にこのタイプ。

効果が見えない

これも気合入り過ぎな人にありがちで、『1か月でバキバキにしてやる』とか『3か月で菜々緒みたいなスタイルになる』など理想や目標が高すぎるパターン。

この手のタイプは目に見える効果が見えないとすぐ挫折します。
そしてまた以前の自分に元通り。

 

トレーニングを継続する為に

最近は広告などで『すぐ筋肉がつく』とか『簡単に痩せる』とかよく見かけますが、そんな簡単に体変わったら誰も苦労しません。
難しいからこそジムがあったり、サプリがあったりする訳です。

自宅トレーニングに切り替える

トレーニングするのにわざわざジムに行く必要なんてありません。
ジムは大体会費で1万ぐらいは取られます。1万あったら毎月のプロテイン代に回した方がよっぽどいい。

特に筋トレなんて器具さえあればジムに行く必要なんて全くない。

自宅だったら時間がなくてもできます。
『今日は10分だけ』とか『懸垂10回だけ』とかもできます。

器具代はかかりますが、わざわざジムに行く手間が省けます。

目標を低くする

先ほど継続出来ない理由で説明したように、目標が高くて継続できない人が多いので単純に目標を下げればいいだけ。

『まずは1年継続しよう』『筋トレすることに慣れよう』などふわっとした目標でOK。

3か月でバキバキになっても1年後に元に戻ったら何も意味ないです。

 

コメントを残す