外国人の方が筋肉が付きやすい!? 

外国人の方が筋肉が付きやすいと思っている方は多いのではないでしょうか。

筋肉が付きやすさで言うと正直変わらないでしょう。

外国人といっても幅は広いですが、いわゆる黒人、白人と呼ばれる国の人たちの方があきらかに筋肉量は多いです。

ただ彼らも最初から筋肉ムキムキだったわけではありません。やはり日ごろから努力はしています。

骨格の違い

まず、骨格の違いについて指摘する専門家も多いですが、残念ながらこれはどうしようもない事実でしょう。

オリンピック、ワールドカップなどで海外の選手などを見てもわかるように体格だけでいうと日本人は明らかに恵まれていないことがわかると思います。特にパワー系種目になってくると厳しいですよね。

骨格については遺伝子レベルの話になってくるので何を言っても仕方がありません。

外国人の方が筋肉が付きやすいというイメージは骨格によるものが大きいです。

骨格の小さい人と大きい人が同じトレーニングをしたら大きい人の方が筋肉が付いているような気がしてきます。

これは骨格による筋肉の付くスペースに限りがあるからです。当然スペースの広い方が付く筋肉量が多くなります。

 

筋トレ文化の違い

最近フィットネスが流行っているそうですが、日本と海外では明らかに筋トレに対する意識の違いがあります。

日本でそこそこトレーニングもしてて、そこそこ筋肉がある人が海外に行ったら、ただの普通の人になってしまうでしょう。

それはなぜか・・・これについては様々な要因が考えられますが、私が思うにたぶん細身の男の方が日本ではモテるからでしょう。笑

好みはそれぞれですが、海外ではたくましい体の方がモテるのでしょう。日本だとマッチョきもいみたいな風習がいまだにありますからね。笑

そんな好みの問題だけではなく実際海外だとその辺に筋トレ器具があります。

公園に普通にあったりしますし、公園で筋トレしてる人も普通にいます。

上半身裸で走ったり、筋トレしたりしている人たちが普通にいます。

これ、日本でやったらどうですか?

うわっ!!何!?キモい!!みたいになりませんか?

郊外ならまだしも渋谷、新宿でやってたら完全におかしい人扱いされますよね。

こういった文化の違いも大きいでしょう。

 

食文化の違い

世界各地食文化はバラバラですが、体は食事によって作られます。

食べるものによって全く違う体系になるぐらい食事は直接的に影響してきます。

日本は野菜も肉もまんべんなく食べるイメージですが、アメリカは肉!!って感じしませんか?

必ずしもみんなそうではないですが、肉で言っても日本人は霜降りのとろける肉が好きな一方、アメリカはガッツリ赤身肉が好きです。

実際、アメリカで肉を頼むとアゴが痛くなるぐらいの肉が出てきます。

筋肉(体づくり)にとっては明らかに赤身肉の方が良いです。

あとはアメリカって肥満の比率が日本の約10倍なんです。笑

筋肉を大きくするためにはたんぱく質だけでなく色々な栄養素が必要なわけでいっぱい食べる=体を大きくすることになるので、より食べるアメリカ人はそれだけ筋肉が付きやすい状態になっているということになります。

ただ食べ過ぎのただのデブもいっぱい発生してしまっているのも間違いないんです。笑

この食文化による影響はかなり大きいと思います。ただ食事なんて自分で意識すればなんとでもなりますね。

 

まとめ

自分ではどうにもならない遺伝子レベルの問題もありますが、どうにかできることもいっぱいあります。

結局、日本と海外では筋トレに対する意識もトレーニング量も全くレベルが違うということです。海外の人たちはそれぐらい努力してるってことです。

元々は同じ人間です。個人差はあれど、努力すれば必ず結果はついてきます。特に筋トレは!!

 

コメントを残す