トレーニングに変化をプラス!変わった筋トレメニュー(腕編)

日々トレーニングを行っていると、飽きてきたり、トレーニングが物足りなくなったりすることがあります。それは悪いことではなく日々のトレーニングに対応できるカラダが出来ているということにもなりますが、違った刺激を取り入れることでより筋肉の成長を促すことができます。

ランニングダンベルカール

軽めのダンベルを持ってランニングをするというトレーニング方法は実際に存在します。ただそれはあくまでランニングがメインのトレーニングになります。ここで紹介するのはランニングとは言うものの、実際に走るわけではなくダンベルを持ちながら腕振りの動作を行う筋トレになります。『ランニングダンベルカール』は勝手に命名しました。笑

やり方
1.両手にダンベルを持つ(普段アームカールを行う場合の半分ぐらいの重さ)
2.腕をランニングのように降る
3.これを出来なくなるまで繰り返す
4.出来る方は3セット行いましょう
ポイント
限界まで行うので1セットでも十分効果があります。ムリしてケガをしないように!

 

ダンベルボクシング

ボクシングにはダンベルシャドーボクシングというトレーニングが実際にあります。軽めのダンベルを持ってシャドーボクシングをすることでパンチ力の向上を図ります。ここで紹介するのはあくまで筋トレですので腕に負荷をかけていきます。『ダンベルボクシング』も勝手に命名しました。

やり方
1.両手にダンベルを持つ(普段アームカールを行う場合の1/3~半分ぐらいの重さ)
2.ボクシングをやるように交互にパンチをする
3.これを出来なくなるまで繰り返す
4.出来る方は3セット行いましょう
ポイント
動画ぐらいの速度で行いましょう!限界まで行うので1セットでも十分効果があります。

 

今回ご紹介したのは私自信やってみて効果があると感じたメニューです。基本メニューを大切にするのはもちろんですが、こういった少し変わったものも取り入れていくのもおもしろいかと思います。
人それぞれですが、色んなメニューの中で『キツイけどこれは続けられる』というようなメニューは必ずあります。やる気が出るメニューを見つけるのも筋トレを続けていく上で大事なことです。

筋トレを続けて健康的でかっこいいカラダを目指しましょう!

 

コメントを残す