ダンベル・バーベルトレーニングを継続する為に手首を守ろう!

筋トレにおいて1番痛めやすい(ケガしやすい)場所は手首です。ダンベルを持ち上げられる筋力があったとしても手首を痛めてしまってはどうにもなりません。見ての通り他の場所と比べて明らかに細いですね。細いということは筋肉も小さいという事です。ただ鍛えることでケガをしにくくすることはできます。

手首は太くするのではなく守る為に鍛える

基本的に手首の筋肉は元々小さいのでどれだけ鍛えても腕や足の様に太くなることはありません。もちろん多少は太くはなりますがそれでも限界があります。上の写真を見てみてもマッチョな人でも手首は細いことがわかります。

あくまで手首は筋肉をつける為に鍛えるのではなく、守る為に鍛えるということを覚えておいて下さい。重量が上がれば上がるほど痛めるリスクが高くなります。

ダンベルやバーベルなどを使ったトレーニングでは嫌でも手首を使います。手首が痛いと何もできなくなります。筋トレに集中し過ぎるあまりケガをしてしまっては元も子もありません。

 

手首を鍛えるトレーニング

手首を鍛える代表的なトレーニングは『リストカール』という種目です。基本的にはこれをトレーニングの最後に取り入れるなどして日々鍛えるようにしましょう。

他にも『スピネーション』や『ラジアルフレクション』といった種目もあるのでぜひ試してみて下さい。手首のトレーニングは同時に前腕のトレーニングにもなるのでおすすめです。

手首(と前腕)のトレーニング種目はこちら⇩

前腕を鍛えてチラ見せ!たくましい腕でモテボディに!

2020年3月2日

サポーターを使って手首を守る

手首を守る方法としてはサポーターをつけることが1番手っ取り早いです。特に重い重量を扱いたい方は付けるべき商品です。サポーターを付けていればケガのリスクは各段に下がります。

他にも色んな商品があるので自分の好みの物を見つけられると思います。1つは持っておいた方がいいアイテムですよ。
私のおすすめはダントツでザムストのサポーターです。少し高いですが他の製品とは比べ物にならないぐらい良い製品です。

あなたをケガから守る最強のサポーター ZAMST(ザムスト)

2020年2月22日

ケガなくトレーニングをしてカッコイイ体を作りましょう!

 

ハーバード大医学大学院卒の医師が開発 全米No.1筋活サプリ HMB3,000mg HMB含有量業界最高水準 カロリーサポート成分 スタミナサポート成分 満腹感サポート成分 アメリカ特許成分 CELLsバーニングカット

コメントを残す