『ボディビルダーの筋肉は使えない』なぜそう言われるのか

よく『ボディビルダーの筋肉は使えない』というウワサがあるが実際のところはどうなのか。もし本当に使えない筋肉なのであればなであそこまで必死になって鍛えるでしょうか。

使えない筋肉などない

どんな筋肉でも使えない筋肉というのは存在しません
ボディビルダーは筋肉を美しく見せる為に日々トレーニングを行っているが、あの並外れた筋肉を得る為には、相当な努力が必要です。

そもそもボディビルダーの筋肉は飾りなんかではなく、重い物を持ち上げるのに特化した筋肉である。
力仕事などでは存分にその筋肉を活かすことができます。

 

なぜそう言われるようになったのか

ではなぜ『ボディビルダーの筋肉は使えない』と言われるようになったのか。

数あるスポーツの中でスタミナを消費するスポーツ、例えばサッカーやマラソンなどではボディビルダーのような体つきでは体が重く動けないことがほとんどだ。

このような目的が違うスポーツにボディビルダーを当てはめてしまったことで『意味のない筋肉』『使えない筋肉』と言われるようになってしまったのです。

誰にでもわかることですがマラソンにムキムキの筋肉は必要ありません。

 

目的で必要な筋肉が違う

それぞれのスポーツで必要な筋肉というのは違う。

必要な力の例
【サッカー】キック
【野球】肩
【ラグビー】タックル
【バスケ】ジャンプ
【ボクシング】パンチ

それぞれ他にも必要な力は色々とありますが、スポーツによって必要な力(筋肉)が違うことは誰でもわかると思います。
それがボディビルダーの場合は『魅せる筋肉』になるわけです。

『魅せる筋肉』をつける為には筋トレを行うことが1番の近道で、大きな筋肉をつける為にはより大きな重量を持ち上げる力(筋肉)が必要となるわけです。

 

まとめ

ボディビルダーがトレーニングをする最大の理由は『カッコイイ体』を作る為です。
その為には非常にハードなトレーニングが必要です。

ボディビルダーの筋肉は重い物を持ち上げる為に特化した筋肉であり、決して使えない筋肉ではありません。

そして『使えない筋肉』などと比喩する人たちはおそらくだらしない体をしていることでしょう。

仕事できない人は仕事できる人をひがみます。
キレイでない人はキレイな人をひがみます。
お金がない人はお金持ちをひがみます。

努力できない人はこんなもんです。

あなたもこうならないように日々努力を怠らないように!

コメントを残す