瞬発力と持久力。スポーツによって必要な筋肉が違うことを知ろう

あなたが行っている筋トレ。それはなんの為ですか?体を動かしたいからただ筋トレをしているというのも悪いことではありませんが、どうせやるのであれば自分はどの筋肉をどういう目的で鍛えているのか理解うえで行った方がモテベーションアップにも繋がります。

速筋(そっきん)と遅筋(ちきん)

筋肉には大きく分けて速筋(そっきん)と遅筋(ちきん)というものがあります。

速筋とは
・すばやく収縮する筋肉で、一瞬の力(瞬発力)を発揮するときに使われる。 疲れやすい筋肉。
・100mなどの短距離種目の選手がこれにあたります。
遅筋とは
・ゆっくり収縮する筋肉で、一定の力を長時間発揮する持久力がある。疲れにくい筋肉。
・マラソンなどの長距離種目の選手がこれにあたります。

このように行う競技によって必要な筋肉は変わってきます。かといってマラソン選手に速筋がないわけでもなく、短距離選手に遅筋がないわけでもありません。どちらに比重を置くかによってそれに応じて体も変化していきます。サッカーやバスケなどは遅筋も速筋もバランスよく付けないとダメだったりします。

 

瞬発力か持久力か。大きな筋肉か小さな筋肉か。

瞬発力、大きな筋肉を付けたい方は速筋を鍛えることになります。
逆に持久力、スレンダーな体になりたい方は遅筋を鍛えることが有効的です。

速筋と遅筋についてもう少し詳しく見ていきます。

速筋(白筋) 遅筋(赤筋)
・瞬発力に優れている
・ダッシュや筋トレなどの無酸素運動に使われる
・主なエネルギー源は糖(脂肪はほとんど使わない)
・鍛えると太くなる
・持久力に優れている
・ジョギングなどの有酸素運動に使われる
・主なエネルギー源は糖(脂肪も同時に使う)
・鍛えてもあまり太くならない

ジョギングやエアロビクスなどがダイエットに有効というのは遅筋を使った運動になるので脂肪も燃焼しているからです。

短距離走と長距離走の選手の体つきは全く違いますね。短距離は瞬発力、長距離は持久力。速筋と遅筋を鍛えるとどうなるかが一目瞭然でわかります。

あなたの目的はどちら側か。意識するとトレーニングの仕方も変わってきますよ

 

遺伝により速筋と遅筋の割合が違う

人には遺伝子というものが存在します。当然、筋肉も遺伝の影響を受けます。人により、速筋が優れていたり、遅筋が優れていたり、どちらも優れていたりと個人差があります。

小学校の頃とか、特になにもしてないのに50mが速かったり、マラソンが速かったり、どっちも速かったりする人っていませんでしたか?これは単純に運動神経ということだけではなく、筋肉の遺伝による部分も大きく関わっています。

中学、高校とトレーニングをしていけば遺伝による差も埋めることもできますが、本気でプロのアスリートを目指そうとしている人は自分がどのタイプか理解しておくことで伸ばすべきことが見えてくるかもしれません。

短所を伸ばすより長所を伸ばす方が確実に成長します

 

 

ハーバード大医学大学院卒の医師が開発 全米No.1筋活サプリ HMB3,000mg HMB含有量業界最高水準 カロリーサポート成分 スタミナサポート成分 満腹感サポート成分 アメリカ特許成分 CELLsバーニングカット

コメントを残す