筋肉がつかないと思っている方必見!単一種目で効果を実感せよ!

初心者にありがちな思いとして、「筋トレは本当に効果があるのか」「全然ついている気がしない」などが挙げられます。当然効果が実感できないとやる気もなくなって、終いにはトレーニングをやめてしまいます。そうならないようにまずは効果を実感しましょう。

筋肉がつくには時間がかかる

まず、初めに言っておきたいことは筋肉がつくには時間がかかるということ。
筋肉は筋トレをすることにより筋繊維が1度壊れ、より強くなって回復することにより成長していきます。これを超回復と言いますが、1日筋トレしたぐらいでは目に見えて筋肉がつくようなことはまずありえません。これが1週間だとどうか。はい、全くわかりません。

ではどれくらいで目に見えて効果があるかというと、個人差はありますが、初心者の方の場合、早い人で1か月。遅い人で2か月は最低でもかかると思って下さい。ただし、しっかりと日々トレーニングができている人の話です。

初心者が1、2か月しっかりとトレーニングを行うこと。これが結構難しいことなんですね。
人は基本的に楽をしたい生き物です。筋トレは辛いので結構メンタルが大事なんです。でも辛いからといって何もしなければ筋肉はつきません。

 

単一種目で効果を実感しよう

筋肉がついたことを実感するまである程度の時間が必要だということがわかりました。ただ、やみくもに時間をかけてトレーニングをしても初心者の方の多くはしんどいだけでしょう。なのでまずは1箇所の筋肉を鍛えて筋肉がつくことを実感してみましょう!

まず、筋トレの基本でBIG3ともよばれるのがベンチプレス、デッドリフト、スクワットです。

この3大種目は鍛えられる対象の筋肉が大きい為、効果を実感しやすい部位でもあります。ただ、ベンチプレス、デッドリフトは大きな器具を必要とするため、自宅でやるには少し厳しいかもしれません。スクワットはどこでもできますが脚のトレーニングはしんどいし、翌日の歩行にモロに影響するのであまりおすすめしません。笑

気軽にできるトレーニングとしてダンベルを使った種目をおすすめします。ダンベルこそ買う必要はありますが、ジムの1か月分の会費(1万ぐらい)で買える程度ですし、ダンベル種目なら自宅でいつでもできます。私自身も自宅トレーニング派です。

続いてチンニング(懸垂)です。持つ手の位置、向きで若干鍛えられる筋肉が変わりますが、複数の筋肉を同時に鍛えることができるのでこちらのトレーニングもおすすめです。自重(重りを使わない)トレーニングの中で懸垂は最強の種目です。懸垂器具が必須にはなりますがこれも1万ぐらいで買えます。

 

これらの種目の中で1つ種目を絞ってみて下さい。何でもいいです。「これだけはやる!」というのを1つです。
1つ決めたら、2日に1回必ずトレーニングして下さい。最低10回×3セットです。そしてインターバルは30秒にして下さい。最後のセットは10回できないかもしれません。それでも全然オッケーです。

まとめ
・種目は1つに絞る
・2日に1回必ずトレーニングをする
・最低10回×3セット以上行う
・動作はゆっくりと
・インターバルは30秒(10回できなくてもOK)

これらをしっかりと踏まえた上でトレーニングすれば確実に効果を実感できるはずです。最初は色々な種目をやる必要はありません。しっかりと1つの種目でトレーニングを続けられて筋肉がつくことを実感してから他の種目を取り入れて下さい。

かっこいい体、キレイな体を目指して頑張りましょう!継続は力なり!

 

コメントを残す