【陸上編】動物のパワーは桁違い ~現存する最強生物たち~

世界中にいる最強生物と言われる動物たち。動物の身体能力の前では人間はあまりにも無力だということを感じます。陸上最強生物たちの恐るべき身体能力をご紹介します。

クマ科最強

ヒグマ(グリズリー)

クマと言えばヒグマ。なんと日本にもいます。知っての通り北海道に生息しており、毎年ヒグマによる被害も出ています。日本(北海道)に生息するヒグマは正式にはエゾヒグマといいます。

世界各地にヒグマは生息していますが、地域により呼び名が少し変わってきます。

世界のヒグマ
・ハイイログマ(グリズリー) : 北アメリカ北西部
・コディアックヒグマ : アラスカ
・ヒマラヤヒグマ : ヒマラヤ山脈
ヒグマの能力
【体長】オス2.5-3.0m メス1.8-2.5m
【体重】オス250-500kg メス100-300kg
【走力】時速50-60km
【食性】雑食(肉食寄り)
【性格】好奇心旺盛
【パワー】一撃で牛や馬の首をへし折れるぐらい

見ての通り人間が対峙したら瞬殺されます。もし遭遇してしまったときは興奮させないようにしましょう。

ホッキョクグマ(シロクマ)

ホッキョクグマは地上最大の肉食動物と言われています。分類学的にはホッキョクグマとヒグマは極めて近い位置にある。

生息地が違う為、基本的には交わることのない両社でしたが、最近は温暖化の影響により両者が交配して生まれたハイブリット種も出現してきています。

生息地は北アメリカ大陸北部、ユーラシア大陸北部、北極圏。

ホッキョクグマの能力
【体長】オス2.0-2.5m メス1.8-2.0m
【体重】オス400-800kg メス200-350kg
【走力】陸上:時速40km 水中:時速6.5km
【食性】肉食
【性格】満腹時:やさしい 空腹時:荒い
【パワー】一撃でアザラシの首をへし折れるぐらい 北極の分厚い氷を割れる

陸上はもちろん水中でも勝てません。北島康介の平泳ぎ(100m)の時速が6.1kmと言われており、自由形(100m)の世界最速が8.5kmです。ホッキョクグマは6.5kmで60km泳げます。

 

霊長類最強

ゴリラ

霊長類最強といえばやはりゴリラさんです。西部に生息するものをローランドゴリラ、東部に生息するものをマウンテンゴリラと呼びますが、学説がいくつかありかなりややこしいです。

生息地はアンゴラ(カビンダ)、ウガンダ、ガボン、カメルーン南部、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国東部、赤道ギニア、中央アフリカ共和国南部、ナイジェリア東部、ルワンダです。
残念ながら日本には野生のゴリラはいません。

ゴリラの能力
【体長】オス1.7-1.8m メス1.5-1.6m
【体重】オス150-180kg メス80-100kg
【走力】時速50km 
【食性】雑食(ほぼ草食)
【性格】温厚でやさしい
【パワー】握力500kg 背筋力400kg パンチ力2-5t 噛む力700kg

圧倒的なパワーです。同じ霊長類としては神様レベル。でもそんなゴリラさんは非常に臆病でストレスに弱く、ストレスがかかり過ぎると死んでしまうという意外な一面もあります。

そして、こんなイカつい顔してめっちゃ優しい性格なんです。

 

ネコ科最強

ライオン

『百獣の王』まさにその名にふさわしい体格と外見ですね。最近、絶滅していたと思われていた最大のライオン『バーバリライオン』の生存が確認されました。

生息地はアフリカ大陸、インド北西部。

ライオンの能力
【体長】オス1.7-2.5m メス1.4-1.7m
【体重】オス150-225kg メス120-180kg
【走力】時速80km 
【食性】肉食
【性格】危険が迫った時:獰猛
【パワー】噛む力500kg

ネコ科の大型動物は基本的に殺傷能力が高いです。それに加えてライオンの場合、群れで狩りをするので狙われたらなす術がありませんね。

ライオンは獰猛な動物と思われがちですが、狩りをするのは生きる為です。むやみに人を襲ったりはしません。

トラ

密林の王者。体格はライオンより上。生息地上交わることはないが、1対1で戦ったらおそらくトラ圧勝かと。

生息地はインド、インドネシア(スマトラ島)、タイ王国、中華人民共和国(雲南省、吉林省、黒竜江省、チベット自治区)、ネパール、バングラデシュ、ブータン、マレーシア(マレー半島)、ミャンマー、ラオス、ロシア東部。

トラの能力
【体長】オス2.7-3.1m メス2.4-2.6m
【体重】オス180-260kg メス110-160kg
【走力】時速50-65km 
【食性】肉食
【性格】獰猛(ナワバリに入る物は同種のトラでさえ敵)
【パワー】一撃で牛の首をへし折れるぐらい 噛む力300-500kg ジャンプ力2m(助走なし)

トラは基本単独行動。別のオスの子供は殺してしまうぐらい協調性なし。小さい頃から人間と一緒にいると懐くこともあります。

性格は家ネコとそっくり。ただ、デカいのでネコパンチならぬトラパンチなんて食らったら死にます。

 

カバ科最強

カバ

『カバ最強説』があるぐらい強いと言われているカバ。見た目の温厚さとは裏腹に、実はアフリカで1番人を殺しているのはカバなんです。ナワバリに入る者は全て襲い掛かる。そんな習性が最強説を生み出したのかもしれません。

生息地はサハラ砂漠以南のアフリカ大陸。

カバの能力
【体長】3.5-4.0m
【体重】オス1.500-1.800kg メス1.300-1.500kg
【走力】陸上:時速40km 水中:時速60km 
【食性】雑食(基本草食)
【性格】獰猛(ナワバリに入る物は全て敵)
【パワー】噛む力1.000kg

カバの攻撃は噛むか突進かです。噛む力がとんでもなく強いく、ワニを真っ二つにしてしまうこともあるほど。突進は1.5が40kmで突っ込んで来るんで交通事故レベルです。

さらに恐ろしいのが陸上でも水中でも早いこと。
地上最速ウサイン・ボルトも水中最速マイケル・フェルプス勝てません。

 

サイ科最強

シロサイ

『カバ最強説』があるぐらい強いと言われているカバ。見た目の温厚さとは裏腹に、実はアフリカで1番人を殺しているのはカバなんです。ナワバリに入る者は全て襲い掛かる。そんな習性が最強説を生み出したのかもしれません。

生息地はアフリカ大陸の東部と南部(シロサイ、クロサイ)、インド北部からネパール南部(インドサイ)、マレーシアとインドネシアの限られた地域(ジャワサイ、スマトラサイ)。

シロサイの能力
【体長】3.3-4.2m
【体重】オス2.300-3.600kg メス1.400-1.700kg
【走力】時速50km  
【食性】草食
【性格】獰猛(ナワバリに入る物は見境なし)
【パワー】突進、ツノ

パンチが出来るわけでもなく、噛んで攻撃することもないですが、その巨体ゆえの突進が最大の武器。カバが乗用車だとしたらサイは戦車です。

しかも視力が悪いのでナワバリに入ったものは見境なく突っ込んできます。

 

地上最強 ゾウ

アフリカゾウ

現存する陸上最強生物は間違いなくゾウです。その中でも最も大きく凶暴といわれるアフリカゾウがNo1。
動物園にいるのはほとんどがアジアゾウです。アジアゾウは比較的温厚で人に懐きやすいと言われています。

生息地はサハラ砂漠以南のアフリカエチオピア・ガーナ・ギニア・ケニア・タンザニア・中央アフリカ共和国・南アフリカ共和国(アフリカゾウ)。南アジアから東南アジアにかけて(アジアゾウ)。 主に「サバンナ」「半砂漠地帯」「密林」などに生息している。

アフリカゾウの能力
【体長】6.0-7.5m
【体重】オス5.800-7.500kg メス2.200-3.000kg
【走力】時速40km  
【食性】草食
【性格】凶暴
【パワー】全てが桁違い

あらゆる最強生物も地上最強生物には勝てません。パワーがケタ違いすぎます。カバやサイですらゾウの前では赤子扱い。鼻だけで転がされます。

ケタ違いのパワーにより全ての攻撃が致命傷。

世の中にはとんでもない身体能力を持った動物がいっぱいいます。人間は知能が最大の武器ですね。

世界は広い。

コメントを残す