あなたの悩みを解決する方法は意外と簡単!?

人は色々なことで悩みます。どうしよう、どうしようって。悩めば悩むほど本来の悩みと関係ないことまで考えてしまいます。でもよく考えてみて下さい。その悩みの答えってYes(やる)かNo(やらない)しかなくないですか?

人は悩むとき、関係ないことまで巻き込んでしまう

自分が気になっている人に告白された時、あなたは悩みますか?
悩むと答える人は余計なことを考えています。例えば「今の自分に自信がない」とか「実はニートだけどそんなこと言えない」とか挙げれば色々出てきます。
ではこれらの悩みは気になる人と付き合うことに対しての悩みですか?違いますね。自分自身の悩みのはずです。

あなたは会社を辞めようと思いますか?
Yesと答えた方はいつやめますか?おそらく大体の人が「今はまだ」「収入がなくなるのは困る」などの回答が多くなるはずです。こちらは会社を辞めることに対してではなく、「お金がないから」などの収入の悩みにすり替わってしまっています。
本当に辞めようと思っている人は「2年後独立する為に今はお金を貯めている」「次の4月には転職する予定だから今転職活動中だ」など具体的な回答が出てくるはずです。

このように人は本来の悩みと関係ない悩みを自然と紐づけるクセがあります。色々悩むことでどんどん悩むことが増えてしまい本来の悩みからは遠ざかってしまいます。

 

Yes(やる)かNo(やらない)の2択で判断せよ

本来の悩みから遠ざかることなく判断する。たぶんこれは小さい子の方が瞬時にできます。子どもは好き、嫌いがはっきりしていますからね。

大人になればなるほど余計なことを考えてしまい判断が遅くなります。特に仕事の時は。
仕事をしていると上司がいます。先輩もいます。それぞれ意見が違うこともあるでしょう。でも上司の意見も先輩の意見もあなたの意見ではないですよね?だったら自分の意見を伝えましょう。話合わずに自分勝手に行動するのは良くないですが、話し合っても納得いかなかったら自分が正しいと思う判断をすればいい。

何事もそうですが、人の意見を聞くのは大事です。でも判断するのは自分です。人の意見に流されたらあなたがあなたではなくなります。

少し脱線しましたが、Yes(やる)かNo(やらない)で悩んだらやりましょう!
やりたい(したい)と思って行動しなかったらきっと後悔します。やった方の後悔よりもやらなかった方の後悔の方が絶対大きくなります。やった後悔は次に生かせばいい。やらなかった後悔は何も残りません。

コメントを残す